機械のルールについて書いていきます

静電気を溜めない

[2014-05-22 14:11:22]

普通に生活していて、季節などによって身体に静電気が溜まってしまうことありませんか。実はこの静電気は機械には非常によくないのです。静電気っていうくらいだから「電気」があるからだろと思った人は察しが早いと思いますね。

人は誰しも、静電気を溜めてしまうことはあるでしょう。この静電気が体内にある状態で、精密機械には触らないほうがいいです。普通の大型な機械などですと、そこまで影響はしないといわれてはいます。しかし大型機械と精密機械では、全くもって違うのです。

大型機械の精密部品などは、目で見えないような場所にあったりします。精密機械は、直接手で触れるような場所にさえ、精密な部品が存在します。パソコンでイメージしてみて下さい。電源ボタンを押すとその周りにも部品がたくさんあると容易にわかるはずです。

人によるのですが、体質によって静電気を溜めやすい電機体質の人もいるようです。こういった人は、静電気を放出できるように、静電気グッズなどを持つといいと思います。

叩かない

[2014-04-01 16:26]

テレビは、叩けば直るなどとよく言われています。一昔前の人にテレビの調子が悪いと言えば、叩けば直ると言ってバンバン叩く人もいるほどです。叩けばテレビが直ると思っている人は、叩いてショックを与えることで、テレビが映るようになると思っているのでしょう。人間に電気ショックを与えるのと、同じことだと考えているのです。

しかし、テレビなどの家電や精密機械は、叩いてはいけません。機械の中に入っている精密機器は衝撃に弱いので、直るどころか叩くと壊れてしまいます。叩いて直るぐらい機械が衝撃に強かったら、緩衝材を使って厳重に梱包などされていません。

機械の調子が悪いときには、絶対に叩かないようにしましょう。もし機械を叩いてしまったら、余計調子が悪くなってしまいます。調子が悪くなって叩きたくなったら、販売店やメーカーなどに問い合わせるようにしましょう。叩いてしまう前に専門家にメンテナンスしてもらえば、確実に解決方法が見つかります。

落とさない

[2014-03-25 13:37]

機械に関しては、安全に長期に使用するにあたっての3つのルールが存在します。そのうちの一つの落とさないに関してです。

機械というのは、非常に多くの部品の集合体です。非常に多くの部品を組み合わせて作られて、使用されています。

部品単位から組み立てていって、一つの機械にの形にする場合、取付、組付け精度は1mm以下で、1/100mmという場合もあります。これだけ精巧な寸法で組み上げられた装置ですから、落としたりした時点で、多くの部品が歪んでしまいます。

そうなると、目でわからないような小さな歪みが、機械全体へは大きなストレスを与えてしまいます。そのまま使い続けてしまう事も可能ですが、そのストレスは徐々に進行して、いずれは装置全体を破壊してしまいます。

機械は落とさないことが基本です。もし落としてしまった場合は、すみやかに稼動を停止して、各部の異常を確認して、送球に修理等の処置を行います。

そうすることが装置全体の寿命を延ばします。

湿気にさらさない

[2014-03-18 12:28]

工場や建設現場などで機械を使うことがあります。使うことによって作業などもスムーズに行うことができるようになります。

しかし機械は弱い部分も持っています。特に湿気にさらすようなことがあってはいけません。湿気の多いところで作業をしなければいけないということもあるかもしれません。そのような場合には湿気対策が取られていることがありますし、パーツも湿気に強いものを使うということがあります。

しかし一般的には精密機械と同等のものが入っているということが多いので、丁寧に扱わなければいけません。季節によっては凍結の原因になってしまうことにもなります。特に屋外で利用をする場合には、凍結にも十分に注意をしなければいけません。

最近では防水加工のものも出てくるようにはなっているのですが、まだまだ少ないのです。取扱説明書に使用上の注意が記載されていることもあるので、遵守をしなければいけません。そうすることによって正しい使い方ができるのです。

■お気に入りサイト
SMSサービスは「メディアSMS」
既存システムとの連携できるAPIも提供!配信単価も安く、大量に送れる「メディアSMS」
イラスト制作は短納期でクオリティ保証のイラスト工房
医療系などの専門的なイラストも作成可能
http://www.e-fukuyoshi.com/anzenhoan/met/
防災用や子供・自転車用までヘルメットのプロショップ
マスタリングでしっかりサポート
あなたの音源をよりよいものへ一緒に仕上げていきます