機械のルールについて書いていきます

落とさない

[2014-03-25 13:37]

機械に関しては、安全に長期に使用するにあたっての3つのルールが存在します。そのうちの一つの落とさないに関してです。

機械というのは、非常に多くの部品の集合体です。非常に多くの部品を組み合わせて作られて、使用されています。

部品単位から組み立てていって、一つの機械にの形にする場合、取付、組付け精度は1mm以下で、1/100mmという場合もあります。これだけ精巧な寸法で組み上げられた装置ですから、落としたりした時点で、多くの部品が歪んでしまいます。

そうなると、目でわからないような小さな歪みが、機械全体へは大きなストレスを与えてしまいます。そのまま使い続けてしまう事も可能ですが、そのストレスは徐々に進行して、いずれは装置全体を破壊してしまいます。

機械は落とさないことが基本です。もし落としてしまった場合は、すみやかに稼動を停止して、各部の異常を確認して、送球に修理等の処置を行います。

そうすることが装置全体の寿命を延ばします。

おすすめサイト